中古車の価格はどうやって決めるの?

>
この記事をシェアする

修復歴の有無も大きなポイント

修復歴があっても問題ない?

修復歴があれば価格が下がってしまうことに違いはありませんが、修復歴がどの程度影響するかは、簡単に言えば修復の程度によります。
バンパーをこすった程度の小さなものから、他の車とぶつかったような大きなものまで傷の種類も大きさも様々です。

修復歴有りとなるのは、フレーム、ドアピラー、ルーフなどの普段傷ついたり歪んだりしない部分が修理されている場合が当てはまります。
修復歴についてはディーラー車であれば記録が残っている場合も多いようです。

どういった事故だったのか、どの程度の修復だったのかということが価格に大きく影響しますが、これらのことは素人目で見てわかるものではないので、プロの意見を参考に、ディーラー直結の中古車や信頼できるお店での価格を参考にすると良いでしょう。

販売者によって修復歴の書き方はまちまち

修復歴といっても内容や事情は大小様々であることを紹介しましたが、実はこの表示方法についてはどこまで詳しく記載しなければならないと言う細かい規定もないため、販売者によって異なるのです。
つまり、もし中古車の購入を検討する側に立った場合に、その車の価格が妥当なものなのかということや、修復歴についてのその車の情報は、慎重に判断しなければいけないということです。
インターネットの中古車情報を見ただけでは、ただ「修復歴有」、「修復歴無」の記載があるだけということも多いようです。
これではどれくらいの規模の損傷があってどのような修復があったのかがわかりにくいですよね。
これが修復歴を参考に価格の妥当性や車の状態を考える際の難点になります。

これを頭に入れた上で、もし購入者側として価格を検討する機会があれば、きちんと販売者側に確認を取ると良いと思います。


Copyright © 中古車の価格を決めるポイントとは?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る