中古車の価格はどうやって決めるの?

>
この記事をシェアする

中古車の価格にはどれくらいの幅があるの?

走行距離とそれに関連する要素を知る

走行距離とは、実際にその車がこれまでに走った距離のことで、基本的に距離が増えれるほど価値は下がってしまいます。

しかし、メーターを交換されたもの、巻き戻したものも存在するので、これらを見極めるためにディーラーやショップでメーターを交換した記録が残っていないかが車検証を参考に確認されます。
ちなみに、年式の割りに走行距離が短い、あるいは走行距離が短いとされている車にもかかわらず車の様々な部分が痛んでいる場合はメーター戻しが疑われるようです。
ただし、サーキットを走ってきた車や乱暴に扱われた車などは走行距離の割に痛んでいたりすることもあるため、やはり車検証などの記録をもとに判断することが重要で、それが価格決定の一要素として使われるのです。

走行距離と車の状態

走行距離は車の状態を判断するのに確かに大切な要素ですが、必ずしも走行距離と車の状態がきちんと対応しない場合もあるようです。
ここでポイントなのが、走行距離が短い車については理由を知ることが重要だということです。
先程説明したメータの巻き戻しや交換のほかにも走行距離が実際の状態に不相応に短いケースがあります。
例えば放置車ですが、外観は綺麗だがあまり整備されていない、あるいは何度か乗っただけで放置されてしまった場合、走行距離の割に整備がされていなくて状態がいいとは言えません。
もともと試乗車だった車はどうでしょうか。
多くの人が試乗していることや、あまり走らないことで逆に劣化してしまうことも車の状態を左右するかもしれません。
逆に年式相応の走行距離であったり、距離がかさんでいてもあまり車に負担のかからない乗り方をされていた、距整備がきちんとされていれば高価格がつく場合もあると思います。


Copyright © 中古車の価格を決めるポイントとは?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る